-

契約店で全部のクレカが使用可能なわけではない▽カードの加入店舗は、二つ以上のクレカサービスとライセンスを結んでいますが、全部の契約店舗でどれものサービスのクレジットカードが使用できるわけじゃありません。昔からある加盟店舗の際だとJCBマークの付いているそのクレジットカードしか決済できない場合もあるし最近の契約店ならばVISAとマスターカードブランドの書いたカードのみしか使用不可なときもあるでしょう。ディスカバーに類するカードの場合にはもっともっと決済不可なショップが増えるのではないでしょうか。何のロゴのカードが使用可能かというのをいかなる方法で見分けると良いのか「それならいかなる方法で何の印のクレカが使用できるかを見分けるといいか?」といってはみたものの、本当のところを理解するんだったら商店の誰かに尋ねてみるのみしかないていうのが実のところその答えです。とはいっても大部分の店やショッピングモールにはお店の見えるところなどに決済できるクレジットカードのブランドがプリントされた加盟ステッカーが掲載されているから、「そうなんだ、あの店はアメックスが使用可能なんだな」というのが迷わないようにされているし心配しないようにしていただけると思います。十分に確認が出来ていない加盟店舗で使うときには、ロゴシールが掲げられているお店でも「現在ではご提示いただいたカードは使えません」という答えを受けてしまうケースもあるわけで、困惑してしまう状況に出くわしかねません。やはりできる限りはより多くの加盟店で使えるようにしたいならば異なるブランド(国際印)がはいった一般的なビザカードJCB、ダイナーズアメックス、ライフカード、等のクレカを複数枚財布に入れておくようにするとよいと思います(例:ライフカードを契約しているならアメリカンエキスプレスカードブランドのカードを財布に入れておく等)。もっぱら国内においては、VISA、MasterCard、JCBカードの3つの印が書いてあるクレジットカードをそれぞれ使えるようにしておけばおおむね99%以上の契約店で3枚のうち少なくとも1枚のカードを切るようスタンバイOKということになります。クレカを使いこなして有効的にスマートな支払いを目標とするのであれば上記のクレジットカードを使えるようにしておいていただくことをお勧めします。

Category

リンク